3種類のシワのメカニズムと、それぞれの有効成分とは?

3種類のシワのメカニズムと、それぞれの有効成分とは?

しわに効果のある有効成分を紹介します。

 

まずシワと言っても3種類あり、
それぞれシワが出来るメカニズムが違います。

 

ですのでそれぞれ有効成分も違ってきます。

 

まずは3種類のシワが出来るメカニズムを紹介します。

 

その後、それぞれに効果があると言われている
有効成分を紹介します。

 

3種類のシワのメカニズムと、それぞれの有効成分とは?

 

シワには3種類ある

まず2種類のシワは表情ジワと乾燥ジワです。

 

更に乾燥ジワには表皮性と、
真皮性の2種類があります。

 

年を取ると1種類のシワだけでは無く、
複数のシワが共存しています。

 

それぞれのシワができる仕組みと、
有効成分について詳しく説明します。

 

 

表情ジワ

表情ジワとはその字の通り、
表情を作るときに出来るシワのことです。

 

目尻、眉間、額、ほうれい線などに出来ます。

 

表情を戻せば、シワも元に戻ります。

 

しかし年を取ると
表情を戻しても、シワは元に戻らなくなります。

 

これは肌のハリを支えるコラーゲンが減少するからです。

 

有効成分については後で詳しく説明します。

 

 

乾燥ジワ

乾燥ジワとは乾燥する事が原因で出来るシワです。

 

目の下や目尻などに出来る、
浅く細いシワが乾燥ジワです。

 

一つ一つは小さいですが、
数が増える事でシワが重なり、
太く大きくなって行きます。

 

乾燥ジワには表皮性と、
真皮性の2種類があります。

 

 

表皮性の乾燥ジワ

表皮性の乾燥ジワは水分不足により起こります。

 

有効成分については後で詳しく説明します。

 

 

真皮性の乾燥ジワ

真皮性の乾燥ジワは紫外線により、
真皮層のコラーゲンが傷つけられ起こります。

 

有効成分については後で詳しく説明します。

 

 

 

表情ジワに効く有効成分

表情ジワは肌のハリを支える
コラーゲンが減少する事で出来ます。

 

つまり肌の弾力性を保てれば、
進行を防げるので、
コラーゲンを増やすと良いです。

 

コラーゲンを摂取する方法としては、
コラーゲンが配合されているサプリメントや、
コラーゲンが配合されている化粧品など

 

また最近では様々な商品にコラーゲンが配合されています。

 

酵素ドリンク、グリーンベリースムージー、
バストアップサプリなど
さまざまな商品にコラーゲンが配合されているので、
こう言う商品からコラーゲンを摂る事も出来ます。

 

 

 

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食材を紹介します。

 

これらは100g中のコラーゲンの量です。

 

肉のコラーゲン

牛すじ(4,980mg)

 

豚白モツ(3,080mg)

 

手羽先(1,550mg)

 

鶏軟骨(4,000mg)

 

フカヒレ(9,920mg)

 

 

魚のコラーゲン

サケ(皮あり2,410mg)

 

サンマの開き(皮あり2,230mg)

 

真アジの開き(皮なし1,010mg)

 

マイワシ(1,060mg)

 

ブリ(皮あり1,620mg)

 

ウナギの蒲焼き(5,530mg)

 

エビ(1,150mg)

 

イカ(1,380mg)

 

 

ゼラチン

こう言った食材を毎日食べるのは大変です。

 

そこでお勧めなのがゼラチンです。

 

ゼラチンの原料には牛骨、牛皮、
豚皮などが使用されています。

 

ですのでコラーゲンが多いです。

 

 

コラーゲンの効果的な摂り方

1日に必要なコラーゲン5,000mg〜10,000mgです。

 

しかし日本人はコラーゲンが不足しています。

 

そこでコラーゲンの摂取を
高めてくれる成分があるので紹介します。

 

コラーゲンと一緒に摂ると良いです。

 

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを安定させるために必要です。

 

 

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸です。

 

私達の皮膚、骨、コラーゲンは
アミノ酸から作られています。

 

体の中で作り出すことが出来ないので、
トリプトファンを摂る事が重要です。

 

トリプトファンは動物性タンパク質、
こはん、パン、麺、乳製品などに
多く含まれています。

 

 

エラスチン

エラスチンは弾力線維とも呼ばれ、
コラーゲンの線維を引き締める役割を
持っています。

 

 

 

コラーゲンを妨げになるもの

高脂肪

脂肪分が高すぎると、
老化を防ぐ抗酸化物質を多く消費するので、
老化の原因になります。

 

また皮膚に脂肪がつくので、
その重みから、しわ、たるみの原因になります。

 

 

甘い物

甘いものはコラーゲンを糖化させます。

 

糖化するとコラーゲンは固くなり、
弾力が失われます。

 

またコラーゲンを作り出す
線維芽細胞まで弱めます。

 

解決作としては食物繊維を一緒に摂ることで、
糖とコラーゲンの結合を抑え事が出来ます。

 

 

 

表皮性の乾燥ジワに効く有効成分

表皮性の乾燥ジワは水分不足により起こります。

 

ですので保水が大事です。

 

シワを減らす方法としては
化粧水→美容液→保湿クリームの順番で
水分を補給すると良いです。

 

またヒアルロンを摂ると良いです。

 

最近ではヒアルロン酸が入った、
美容商品、ダイエット商品が多く
販売されているので、
そう言った物から摂ることも出来ます。

 

またヒアルロン酸入りコスメなどもお勧めです。

 

 

 

真皮性の乾燥ジワに効く有効成分

紫外線により真皮層の
コラーゲンが傷つけられ起こる
真皮性の乾燥ジワです。

 

シワを減らす方法としては紫外線を避ける事と、
抗酸化力の高い物で活性酸素を除去します。

 

それでは抗酸化力の高い物を紹介します。

 

 

  • オメガ9(オリーブオイル)
  • アルガンオイル
  • マルラオイル

 

この中ではマルラオイルが
断トツ抗酸化力が高いです。

 

 

  • プラセンタ
  • アスタキサンチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

この中ではプラセンタ、アスタキサンチンが
断トツ抗酸化力が高いです。

 

 

 

抗酸化力の高い物は活性酸素を除去します。

 

抗酸化力の高い物と、
逆の働きをするが活性酸素です。

 

活性酸素が増えることで老化します。

 

では活性酸素を増やす原因とは何なのでしょうか?

 

それが紫外線、タバコ、飲酒、ストレス、
過度の運度、大食い、食品添加物、
排気ガス、放射線、油(オメガ3、オメガ6)です。

 

抗酸化力の高い物を摂取しながら、
活性酸素を作るものは避けないといけません。

 

 

 

出来たシワにはどうすれば良い

シワに良いいろいろな有効成分を紹介しました。

 

でもこれらを別々に摂っていたらお金がかかります。

 

何種類もの商品を購入しないと行けません。

 

1種類で何とかしたい。

 

そんな人にシワに効くお勧めの商品を紹介します。

 

 

 

それがマルラオイルです。

 

オイルと言っても
塗るときは1滴2滴程度でよく、
すっとお肌に浸透してなじむので、
いつまでも油が浮いているような不快感がありません。

 

ほうれい線・シワ・たるみに働きかけ、
ハリとツヤのある肌へ導きます。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

 

 

まとめ

しわに効果のある有効成分をいろいろ紹介しました。

 

簡単に説明すると、
表情ジワにはコラーゲン。

 

表皮性の乾燥ジワには、ヒアルロン酸。

 

真皮性の乾燥ジワには抗酸化作用の
高い物を摂取する事です。

 

更にこれら全てのシワに効果がある、
マルラオイルを紹介しました。