マルラオイル。酸化しやすいオレイン酸の効果、注意点とは?

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

マルラオイル。酸化しやすいオレイン酸の効果、注意点とは?

マルラオイルは、
目元のシワ、ほうれい線、たるみなどの
エイジングケア効果が期待できます。

 

ヴァーチェ マルラオイルは
シワを隠すのでは無く、
薄くしていきます。

 

そんなマルラオイルに多く含まれる
オレイン酸とは何?

 

どんな効果があるの?

 

酸化しにくい?酸化しやすい?

 

などについて説明します。

 

 

 

オレイン酸とは?

1960年代に地中海沿岸の人達が、
心筋梗塞の発症率が極めて低い事に気づきました。

 

そこからオリーブオイルに含まれるオレイン酸が、
心筋梗塞の発症率を下げていることが判りました。

 

ですのでオレイン酸は、
オリーブオイルから付けられた名前です。

 

 

 

マルラオイルはオレイン酸を多く含む

マルラオイルにはオレイン酸が70%〜80%含み、
大部分がオレイン酸である事が判ります。

 

ちなみにアルガンオイルはオレイン酸を50%含みます。

 

 

アルガンオイルの抗酸化力はオリーブオイルの約3〜4倍。

 

マルラオイルの抗酸化力はオリーブオイルの約10倍。

 

とマルラオイルの方が3倍も抗酸化力が高いのです。

 

 

 

オレイン酸の効果・お肌への効果

・保湿力が高い

 

・角質のゴワツキ、小じわなどを抑制

 

・油やけしにくく、紫外線を吸収する

 

・美肌効果

 

・膚を柔らかくする

 

・人の肌と構造が似ているので、人の肌に馴染みやすい

 

・石鹸やシャンプーの洗浄剤に使われる

 

 

 

オレイン酸の効果・体への効果

・血液をサラサラにする

 

・血液中の悪玉コレステロールをのぞき、
動脈効果や心臓病、高血圧を予防

 

・ガンを抑制する

 

・心筋梗塞、脳梗塞を抑える

 

 

 

オレイン酸の多い食品

オリーブ油、キャノーラ油
ひまわり油、サフラワー油、落花生油、
牛脂、豚脂、メカジキ、シシャモ、うなぎ蒲焼、
牛ひき肉、豚肩赤肉、生ハム、
アボガド、ナッツ類、チョコレート

 

 

 

酸化しにくい?

オレイン酸は不飽和脂肪酸なので酸化しやすいです。

 

しかし不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくいです。

 

油は酸素、光、熱で酸化するので、
小分けにして販売されているのを使い、
短期間で使き切った方が良いです。。

 

ヴァーチェ マルラオイルは
高い精製度で精製しているので、
より酸化しにくくなっています。

 

また小分けで販売しています。

 

 

 

食用のサラダ油は1ヶ月ほどで、
使い切った方が良いと言われています。

 

天ぷらや揚げ物を作るときに熱を加えますが、
熱を加えると5分10分で酸化します。

 

オレイン酸はサラダ油と比べたら
酸化しにくいですが、
あまり長期間おくのは良くありません。

 

酸化した油は体をさびさせます。

 

体のさびると、
皮膚が硬くなり老化し、
血管を硬くなり病気の原因になります。

 

血管が硬くなることで
心筋梗塞、脳梗塞の原因になります。

 

ヴァーチェ マルラオイルの場合は、
未開封でしたら3年(冷暗所で保存)、
開封後は1年または、
なるべくお早めに使いきって下さい。

 

 

 

まとめ

マルラオイルの抗酸化力は
オリーブオイルの約10倍もあります。

 

オレイン酸にはエイジングケア効果、
保湿効果があります。

 

また心筋梗塞、脳梗塞を抑える働きがあります。

 

 

オレイン酸は不飽和脂肪酸なので酸化しやすいですが、
不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくいです。

 

油は酸素、光、熱で酸化するので、
小分けにして販売されているのを使い、
短期間で使った方が良いです。

 

ヴァーチェ マルラオイルは
高い精製度で精製しているので、
より酸化しにくくなっています。

 

また小分けで販売しています。

 

さびた油を使うのは老化させるので逆効果です。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

半額で購入する方法は、
1000円引きの購入ページに詳しく書かれています。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます