マルラオイルは白濁、白い結晶、固まる事がある。その対処方法

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

マルラオイルは白濁、白い結晶、固まる事がある。その対処方法

マルラオイルは白濁したり、
白い結晶になったり、
固まる事があります。

 

ではどう言うときに白濁したり、
固まるのでしょうか?

 

そのときの対処方法は?

 

またマルラオイルは酸化しやすいので、
保存場所には気をつけた方が良いです。

 

それぞれ詳しく説明します。

 

 

 

マルラオイルは白濁する?

マルラオイルが白濁したり、
白い結晶が見える事があります。

 

これはマルラオイルの融点が高いため、
凍り始めている状態です。

 

通常、化粧品が凍ることはありませんが、
マルラオイルはマルラの木から取れた
実のみで作られているので、
100%天然の物です。

 

0度くらいで凍り始めます。

 

 

 

白濁や白い結晶を取り除くには?

白濁や白い結晶を取り除くには、
凍らないようにすることです。

 

比較的、温かい場所に置くことで、
凍りにくくなり
白濁や固まる事も無くなります。

 

白い結晶ができても、
室温に戻せば元に戻ります。

 

品質には問題ありません。

 

出来れば室温で元に戻せば良いですが、
白濁や白い結晶が
なかなか消えない場合は、
マルラオイルの瓶を、
ぬるま湯で湯煎すると良いです。

 

 

 

マルラオイルは油ですので、
酸化しやすいです。

 

ですので保管場所や取り扱いに注意が必要です。

 

酸化した油を顔に塗るのは逆効果です。

 

 

 

マルラオイルは酸化しやすい

マルラオイルの主成分であるオレイン酸は、
不飽和脂肪酸なので酸化しやすいです。

 

しかしオレイン酸は不飽和脂肪酸の中では
最も酸化しにくいです。

 

ヴァーチェ マルラオイルは
高い精製度で精製しているので、
より酸化しにくくなっています。

 

また小分けで販売しているのも、
短期間で使い切るためです。

 

ヴァーチェ マルラオイルの場合は、
未開封でしたら3年(冷暗所で保存)、
開封後は1年または、
なるべくお早めに使いきって下さい。

 

 

 

一般的なサラダ油は1ヶ月くらいで
使いきった方が良いです。

 

それだけ酸化しやすいです。

 

マルラオイルは
酸化しやすいと言っても、
不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくく、
ヴァーチェ マルラオイルは、
高い精製度で精製しているので、
酸化しにくいです。

 

ですが保管場所などによっては
酸化する度合いが変わり、
商品の寿命を縮めてしまいます。

 

 

 

マルラオイルの保管場所

油は酸素、光、熱で酸化します。

 

ですので光や熱が当たらない、
冷暗所で保管すると良いです。

 

また極端な温度差を繰り返すと、
商品劣化するので、
そう言った所も避けた方が良いです。

 

 

 

酸化した油を使うのは良くない

酸化した油は体をさびさせます。

 

体がさびると、
皮膚が硬くなり老化し、
血管を硬くなり病気の原因になります。

 

血管が硬くなることで
心筋梗塞、脳梗塞の原因になります。

 

少し話はそれますが、
一般的にはサラダ油を使う家は多いと思いますが、
サラダ油は熱を加えるとすぐに酸化します。

 

ですので揚げ物に使った油を
使い回しするのは良くありません。

 

 

 

まとめ

マルラオイルは0度を下回ると、
白濁したり、固まる事があります。

 

油は酸素、光、熱で酸化します。

 

ヴァーチェ マルラオイルの場合は、
未開封でしたら3年(冷暗所で保存)、
開封後は1年と長く持ちます。

 

しかし保存場所に気をつけ、
酸化しないようにした方が良いです。

 

酸化した油を使うと、
体をさびさせる原因になります。

 

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

半額で購入する方法は、
1000円引きの購入ページに詳しく書かれています。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます