しわができない方法、10個紹介。更に抗酸化作用でシワを薄く

しわができない方法、10個紹介。更に抗酸化作用でシワを薄く

しわができない方法を考えるには、
シワが出来る原因を避ければ良いのです。

 

シワが出来る原因は活性酸素にあります。

 

その活性酸素を作る10個の原因を紹介します。

 

そしてその活性酸素を阻止する、
抗酸化作用について詳しく説明します。

 

つまり、しわができない方法は、
活性酸素を作る原因を避けて、
抗酸化作用の強い物で阻止します。

 

それでは詳しく説明します。

 

しわができない方法、10個紹介。更に抗酸化作用でシワを薄く

 

シワが出来る原因は活性酸素にある

人間は酸素を吸って生きています。

 

しかし全ての酸素が使われている訳では無く、
使われない酸素もあります。

 

その酸素が活性酸素になります。

 

この活性酸素が体を酸化させます。

 

酸化とは簡単に言うとサビた状態の事です。

 

酸化する事で体は老化していきます。

 

白髪、しみ、しわなどの原因になったり、

 

動脈硬化、ガン、糖尿病、
高脂血症の原因にもなります。

 

つまり活性酸素を増やさないようにする事で、
シワなどの老化の原因を減らせます。

 

ではどうすれば酸化は防げるのでしょうか。

 

しわができない方法、
つまり酸化を防ぐ10個の方法を紹介します。

 

 

 

紫外線

紫外線はシミやシワといった
肌トラブルの原因になり事はよく知られています。

 

また紫外線は白内障や、皮膚がんのような
病気を招く可能性もあります。

 

活性酸素が発生する事で、
皮膚の脂質が酸化します。

 

そうすることで過酸化脂質が出来、
コラーゲンや線維組織などが酸化します。

 

帽子、日傘などで紫外線を防ぎましょう。

 

しかし過度に紫外線をカットするのも良くありません。

 

 

 

タバコ

喫煙によって活性酸素は大幅に増えます。

 

タバコは体を酸化させ
コレステロールを増加させ、
癌のリスクも高まります。

 

タバコは肌の奥にあるコラーゲン組織を破壊し、
肌のハリ、肌荒れの原因を作り、
シワやたるみを作ります。

 

タバコは抗酸化物質の1つである
ビタミンCも破壊します。

 

 

 

飲酒

アルコールは、肝臓で分解されます。

 

肝臓がアルコールの分解のために多くの酸素を使い、
活性酸素を発生させます。

 

増えすぎた活性酸素は細胞を攻撃します。

 

またお酒を飲むときに
気をつけないといけないのは、おつまみです。

 

油っぽい食べ物を食べる事で、
更に活性酸素は増えます。

 

 

 

ストレス

ストレスを感じると、
体はそれに対抗しようとして、
副腎皮質ホルモンが分泌されます。

 

そのときに一緒に活性酸素も作られます。

 

また、ストレスが溜まると、
ビタミンCの消費量も増えます。

 

ビタミンCは抗酸化作用が強いです。

 

 

 

運度

運動は健康に良いです。

 

しかし激しい運動は活性酸素を大量に発生させます。

 

激しい運動は老化を早めます。

 

運動しないのも良くないですが、
老化を考えると激しい運動は避けた方が良いです。

 

アスリートは短命らしいです。

 

しかし激しい運動をしないと行けない人も居ます。

 

そう言った人は若いときは激しい運動をし、
年と共に運動の激しさを緩め、
年を取るとウォーキングくらいの
息が切れない運動をするのが良いです。

 

 

 

大食い

もっとも活性酸素を多く出すのが大食いです。

 

食事をするときも活性酸素が発生します。

 

多く食べる事で、その分、
活性酸素が多く作られます。

 

早食いも活性酸素を作る原因になります。

 

これは食事の時に、胃や腸、膵臓と
言った物が活発に動き、
そのとき活性酸素が作られます。

 

 

 

食品添加物

現代人の食生活で食品添加物は欠かせません。

 

食べ物には保存料、防腐剤などが含まれています。

 

しかし活性酸素は、
この食品添加物を攻撃するために作られます。

 

完全に食品添加物を無くす事は難しいですが、
レトルト食品、インスタント食品など
出来た物を買うのでは無く、
出来るだけ家で食事を作る事で、
食品添加物は減らせます。

 

 

 

排気ガス

排気ガスもタバコ同様に、
多く吸うことで活性酸素を作ります。

 

最近では排ガス規制などされていますが、
車の多い道を避けて歩くようにした方が良いです。

 

また排気ガスを多く吸うと、
癌や呼吸器系の疾患を引き起こします。

 

 

 

放射線

放射能も活性酸素を生成します。

 

放射線は電離作用を持ち、
電離作用により、
活性酸素を作ります。

 

活性酸素も少量ならば細菌などを死滅させますが、
量が多いと正常な細胞まで傷つけます。

 

 

 

酸化しやすい油、抗酸化作用の高い油

油にはオメガ3、オメガ6、オメガ9などがあります。

 

このうちオメガ3やオメガ6は熱に弱いので、
酸化しやすいです。

 

酸化は老化の原因となります。

 

それに対してオメガ9は熱に強いので、
酸化しにくいです。

 

つまりオメガ9は抗酸化作用が強いと言えます。

 

ですのでオメガ3はシワを作りますが、
オメガ9はシワを解消します。

 

 

 

オメガ3は亜麻仁油、えごま油、しそ油など。

 

また青魚や、くるみ、アーモンドなどの油です。

 

オメガ6はサラダ油、紅花油、ひまわり油、コーン油など。

 

オメガ9はオリーブ油、キャノーラ油など。

 

 

 

活性酸素を阻止する

私達は酸素を吸い、
多くの活性酸素を作っています。

 

しかしこれとは逆に、
活性酸素を減らす事を抗酸化作用と言います。

 

抗酸化作用が強い油を顔に塗る事で、
ほうれい線、シワ、たるみを薄くする事が出来ます。

 

抗酸化作用の高い油とは、
オリーブオイル、
アルガンオイル、
マルラオイルなどです。

 

仲でも特に良いのがマルラオイルです。

 

アルガンオイルの抗酸化作用は、
オリーブオイルの3倍、
マルラオイルの抗酸化力は
オリーブオイルの10倍もあります。

 

マルラオイルはエイジングケア効果、
保湿効果が非常に高く、
シワを薄くしていきます。

 

髪や爪などのエイジングケアも出来ます。

 

そんなマルラオイルが今なら半額で購入出来ます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

 

まとめ

しわができない方法は、
活性酸素を作る原因を避けて、
抗酸化作用の強い物で阻止します。

 

シワが出来る原因は活性酸素にあります。

 

その活性酸素を作る10個の原因を紹介しました。

 

抗酸化作用の強い物は、
活性酸素を阻止する事が出来ます。

 

抗酸化作用が強い油を顔に塗る事で、
ほうれい線、シワ、たるみを薄くする事が出来ます。

 

アルガンオイルの抗酸化作用は、
オリーブオイルの3倍、
マルラオイルの抗酸化力は
オリーブオイルの10倍もあります。

 

マルラオイルはエイジングケア効果が高く、
シワを薄くしていきます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます