しわが出来やすい人の10の特徴。シワを減らす方法とは?

しわが出来やすい人の10の特徴。シワを減らす方法とは?

シワが出来やすい人は、
シワが出来やすい原因を作っています。

 

シワが出来る原因は活性酸素にあります。

 

その活性酸素を作る原因10種類を紹介します。

 

どうすればシワが出来にくくなるのか?

 

出来てしまったシワはどうやって解消すればいいのか?

 

などに付いて詳しく説明します。

 

しわが出来やすい人の10の特徴。シワを減らす方法とは?

 

しわが出来やすい人

しわができない10種類の方法

 

こちらのページでも紹介しましたが、
シワが出来やすい人は、
シワが出来やすい原因を作っています。

 

シワが出来る原因は活性酸素です。

 

私達は酸素を吸って生きています。

 

しかし全ての酸素が使われている訳では無く、
使われない酸素もあります。

 

その酸素が活性酸素になります。

 

この活性酸素が体を酸化させます。

 

酸化する事で体はサビ、
老化、病気の原因になります。

 

白髪、しみ、しわ、
動脈硬化、ガン、糖尿病、
高脂血症の原因になります。

 

しわが出来やすい人は
普段の生活で活性酸素を
多く作っています。

 

 

 

シワが出来る10種類の原因とは?

・紫外線

 

・タバコ

 

・飲酒

 

・ストレス

 

・過度の運度

 

・大食い

 

・食品添加物

 

・排気ガス

 

・放射線

 

・油

 

それぞれの詳細は、こちらのページに書いています。

 

しわができない10種類の方法

 

こう言った物は避けた方が良いです。

 

特に大食い、早食いは活性酸素を多く作ります。

 

また仕事をしているとストレスはたまります。

 

ストレスを発散させる事は出来ても、
なかなか自分で思い通りコントロール出来ません。

 

しかし紫外線、タバコ、飲酒は控える事が出来ます。

 

また油は活性酸素を増やすばかりではなく、
活性酸素を減らす油もあります。

 

それが抗酸化作用です。

 

 

 

酸化しやすい油、抗酸化作用の高い油

油にはオメガ3、オメガ6、オメガ9などがあります。

 

このうちオメガ3やオメガ6は熱に弱いので、
酸化しやすいです。

 

酸化は老化の原因となります。

 

それに対してオメガ9は熱に強いので、
酸化しにくいです。

 

つまりオメガ9は抗酸化作用が強いと言えます。

 

ですのでオメガ3はシワを作りますが、
オメガ9はシワを解消します。

 

 

 

オメガ3は亜麻仁油、えごま油、しそ油など。

 

また青魚や、くるみ、アーモンドなどの油です。

 

オメガ6はサラダ油、紅花油、ひまわり油、コーン油など。

 

オメガ9はオリーブ油、キャノーラ油など。

 

 

 

活性酸素を阻止する

私達は酸素を吸い、
多くの活性酸素を作っています。

 

しかしこれとは逆に、
活性酸素を減らす事を抗酸化作用と言います。

 

抗酸化作用が強い油を顔に塗る事で、
ほうれい線、シワ、たるみを薄くする事が出来ます。

 

抗酸化作用の高い油とは、
オリーブオイル、
アルガンオイル、
マルラオイルなどです。

 

仲でも特に良いのがマルラオイルです。

 

アルガンオイルの抗酸化作用は、
オリーブオイルの3倍、
マルラオイルの抗酸化力は
オリーブオイルの10倍もあります。

 

マルラオイルはエイジングケア効果、
保湿効果が非常に高く、
シワを薄くしていきます。

 

髪や爪などのエイジングケアも出来ます。

 

そんなマルラオイルが今なら半額で購入出来ます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

 

まとめ

シワが出来やすい人は、
シワが出来やすい原因を作っています。

 

シワが出来る原因は活性酸素にあります。

 

シワが出来る10種類の原因を紹介しました。

 

オメガ3やオメガ6は熱に弱いので、
活性酸素を作ります。

 

しかしオメガ9は熱に強いので、
抗酸化作用が強いです。

 

マルラオイルの抗酸化力は
オリーブオイルの10倍もあります。

 

マルラオイルはエイジングケア効果、
保湿効果が非常に高く、
シワを薄くしていきます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます