しわは何歳から出来る?遅らせる方法、出来てからの対処方法とは?

しわは何歳から出来る?遅らせる方法、出来てからの対処方法とは?

しわは何歳から出来る?

 

シワのメカニズムが判れば、
シワが何歳から出来るかが大体判り、
シワが出来る年齢を遅らせる事も出来ます。

 

またシワが出来てしまってからも対処できます。

 

それぞれ詳しく説明します。

 

しわは何歳から出来る?遅らせる方法、出来てからの対処方法とは?

 

シワは何歳から出来る?

シワが何歳から出来るのかは、
人それぞれですが、
大体25〜40歳くらいに、
シワができ始めます。

 

シワが出来ないように、
早めからのエイジングケアがお勧めです。

 

またシワを仕組みを考えると、
あなたのシワが何歳くらいから
出来るかが大体判ります。

 

 

 

3種類のシワのメカニズム

シワのメカニズムが判れば、
シワが何歳から出来るかが大体判ります。

 

シワには表情ジワと乾燥ジワの2種類があります。

 

乾燥ジワには表皮性と、
真皮性の2種類があります。

 

それではシワができる仕組みと、
対策を紹介します。

 

 

表情ジワ

表情ジワとはその字の通り、
表情を作るときに出来るシワのことです。

 

目尻、眉間、額、ほうれい線などに出来ます。

 

表情を戻せば、シワも元に戻ります。

 

しかし年を取ると
表情を戻しても、シワは元に戻らなくなります。

 

これは肌のハリを支える
コラーゲンが減少するから起こります。

 

表情じわの原因は
お肌の弾力、コラーゲンが
減少する事で起きます。

 

 

乾燥ジワ

乾燥ジワとは乾燥する事が
原因で出来るシワの事です。

 

目の下や目尻などに出来る、
浅く細いシワが乾燥ジワです。

 

一つ一つは小さいですが、
数が増える事でシワが重なり、
太く大きくなって行きます。

 

乾燥ジワには表皮性と、
真皮性の2種類があります。

 

 

表皮性の乾燥ジワ

表皮性の乾燥ジワは水分不足により起こります。

 

保湿をしたり、ヒアルロン酸を補給する事が大事です。

 

 

真皮性の乾燥ジワ

真皮性の乾燥ジワは紫外線により、
真皮層のコラーゲンが傷つけられ起こります。

 

対策としては紫外線を避ける事です。

 

抗酸化力の高い物を塗る。

 

 

 

しわを遅らせるには

上のシワの仕組みが判れば、
大体何歳からシワが起こるかが判り、
シワが出来る年齢を遅らすことが出来ます。

 

表情ジワは、
お肌の弾力、コラーゲンが減少。

 

表皮性の乾燥ジワは水分不足。

 

真皮性の乾燥ジワは紫外線によるものです。

 

つまりお肌の弾力が不足してきたり、
お肌が乾燥してきたら、
シワが出来る年齢かも知れません。

 

また紫外線を当たりすぎないことで、
シワを避ける事が出来ます。

 

また童顔の人は、
人よりもシワになる年齢が遅いです。

 

 

 

シワが出来てしまったら

シワが出来たら、どうすれば良いのか?

 

昔なら諦めていたかも知れませんが、
今なら治す事も出来ます。

 

表情ジワは、お肌の弾力、
コラーゲンが減少しているので、
コラーゲンを摂取します。

 

表皮性の乾燥ジワは水分不足なので、
保湿をし、ヒアルロン酸を摂取します。

 

真皮性の乾燥ジワは紫外線によるもので、
抗酸化力の高い物を塗ります。

 

抗酸化力が高い物とは、
オリーブオイル、アルガンオイル、
マルラオイルです。

 

特にお勧めなのはマルラオイルです。

 

マルラオイルの抗酸化力は、
オリーブオイルの10倍もあります。

 

目元、口元などのシワに1滴2滴塗るだけで、
シワが薄くなっていきます。

 

マルラオイルは、
ほうれい線・シワ・たるみに働きかけ、
ハリとツヤのある肌へ導きます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます

 

 

 

ほっぺのシワ

ほっぺにシワが出来るのは老化でありません。

 

消したいと思う人も居るかも知れませんが、
これは若さの象徴です。

 

ほっぺにえくぼが出来たり、
猫のヒゲのように線が入ったりするのは
可愛いです。

 

猫のヒゲのように線が出来るシワは、
インディアンえくぼと言います。

 

またの名は鬼えくぼと言われ、
鬼えくぼができる女性とは結婚しないほうがいい
と言われます。

 

人相学的には鬼えくぼの出来る人は悪女だとか。

 

 

 

まとめ

シワが何歳から出来るのかは、
人それぞれですが、
大体25〜40くらいに、
シワができ始めます。

 

またシワのメカニズムが判れば、
シワが何歳から出来るかが大体判り、
シワが出来るのを遅らせる事が出来ます。

 

表情ジワは、
お肌の弾力、コラーゲンが減少。

 

表皮性の乾燥ジワは水分不足。

 

真皮性の乾燥ジワは紫外線によるものです。

 

それぞれに合った対策を講じる事で、
遅らせたり、出来たシワを治したり出来ます。

 

特にお勧めなのが抗酸化力の高いマルラオイルです。

 

マルラオイルは、
ほうれい線・シワ・たるみに働きかけ、
ハリとツヤのある肌へ導きます。

 

ヴァーチェ マルラオイルが今だけ半額で購入できます